SAMURAI証券

2019/3/19おしらせ

貸付型クラウドファンディングにおける匿名化解除後の弊社の情報開示方針について

3月18日、金融庁より貸付型クラウドファンディングに関する匿名化解除に関する公式見解が公表されました。

弊社は、匿名化の解除に向けて、貸付型クラウドファンディングにおける情報開示のあり方について、社内で一定期間の議論を重ねて参りました。

今回、匿名化の解除後の情報開示について、社内で方針を決定致しましたので、その内容を公表いたします。


【匿名化解除後の弊社の情報開示方針】

1.貸付型クラウドファンディングにおいて、匿名化解除後は基本的に実名開示(債務者
者の内容等)を行える案件のみの募集を行う。(注1)

(注1)・個人情報保護等で開示が難しいもの等は除きます。
    ・また貸付先を特定するターゲットファンドではなく、貸金業者である営業者に運用(貸付)を一任する形態のファンドは除きます。(その場合は、貸付方針、貸付・審査基準を開示致します)

2.情報開示においては、契約締結前交付書面、弊社の取引サイト上等にて行う。
 
契約締結前交付書面における情報開示方法については【別紙】の匿名化解除後の契約
締結前交付書面サンプルに記載した様な開示を行う予定。(注2)

(注2)現時点でのドラフトであり、今後、弊社内の決定により、貸付先の開示内容・重要事項等は変更になる可能性がございます。

匿名化解除後の契約締結前交付書面のサンプル
匿名化解除後契約締結前書面(サンプル)

3.匿名化解除後の、弊社内の案件審査のプロセス、案件のモニタリングのプロセスを纏めたものを4月中旬を目途に対外的に公表する予定。(基本的に匿名化解除前、解除後も、案件審査及びモニタリングの弊社内の基本的なプロセスは大きくは変わりません)

以上

2019年3月19日
SAMURAI証券株式会社
代表取締役社長 澤田 聖陽

136 0 20190319171845