SAMURAI証券

利益相反管理方針CONFLICT OF INTEREST POLICY

平成30年9月19日
SAMURAI証券株式会社

1.目的

 金融機関の提供するサービスの多様化や、世界的な金融コングロマリット化の進展に伴い、金融機関内または金融グループ内において、競合・対立する複数の利益が存在し、利益相反が発生するおそれが高まっており、特定金融商品取引業者等は、各社及びそのグループ会社の業務の内容・特性・規模等に応じ、顧客の利益が不当に害されることのないよう、利益相反のおそれのある取引を管理することが求められております。


 SAMURAI証券株式会社(以下「当社」といいます)は、金融商品取引法第36条第2項及び金融商品取引業等に関する内閣府令第70条の3の規定に従い、当社における利益相反の管理に関する措置等について利益相反管理方針として定めました。
 当社は、法令等及び本方針に従い、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引(以下、「対象取引」といいます)を適切な方法により特定・類型化し、お客様の保護を適正に確保するために「対象取引」を管理する体制を構築いたします。

2.利益相反取引

 利益相反取引とは、金融商品取引法第36条第2項に定める当社が行う取引に伴い、お客様の得られる利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。

3.利益相反取引の特定・類型化

 当社は、利益相反取引をあらかじめ、以下のとおり特定・類型化します。

4.利益相反の管理方法

5.利益相反の管理体制

6.利益相反管理の対象となる会社の範囲

 利益相反管理の対象となる会社は、以下の通りです。

 なお、上記利益相反管理の対象となる会社の範囲については、適時見直しさせていただきます。

7.利益相反管理方針の公表

 利益相反管理方針は、①本店の受付に備え置き公衆の縦覧に供する、②ホームページに掲載する、③新規お客様との取引に係る配布書類に含む等の方法により公表を行います。